HOME > 専門外来のご案内 > 突発性難聴

専門外来のご案内 : 突発性難聴

目次

突発性難聴専門外来

患者様と二人三脚で治す難聴治療

当院は平成元年より突発性難聴や耳鳴り、めまいに悩む多くの患者さんと接してきました。当院を訪れる患者さんのほとんどは、病院でも治らず、どうすれば治るのか迷っている人ばかり。

そんな患者さんと一緒になって希望の光を見つけるため、耳鼻疾患の専門外来として難聴治療110番を設立しました。110番の意味は急を要するということ、難聴は発症してから1時間、1日と経過するにつれ治り難くなる病気です。だから1日でも早く治療を始めて欲しいという願いを込めて名付けました。

難聴に苦しむ患者さんは子供から大人まで幅広く存在します。そのため、患者さん一人ひとりと向き合い、二人三脚でそれぞれの原因を追究、治療をしていきます。難聴には鍼(はり)治療が最も効果的です。共に難聴を克服していきましょう。

剛鍼灸治療院の鍼灸治療はここが違う!!

01 ステロイドや高酸素など副作用が無い治療!

ステロイドや高圧酸素療法では、どちらも身体に大きな負担がかかるため、めまいや症状の悪化などの副作用が起こる場合があります。その反面、当院での鍼灸治療は、患者さん一人一人の状態、体質に合った無理のない治療で安心して治療を受けていただけます。

02 患者様が納得するまで、丁寧にご説明!

当院では、的確な問診と患者さんの身体の声にも耳を傾け、現在の病状とこれからの治療方針、経過などを丁寧に対応、ご説明させていただきます。

03 安全・安心・信用を徹底した高水準の治療!

当院の理念として、安全・安心・信用があって初めて治療が成り立つと考えています。
1本1本滅菌されている使い捨て鍼を使用することで安全を確保。その中でも髪の毛より細い鍼を使用することで恐怖感を軽減し、針は痛くないことを知ってもらいます。当たり前のことですが、当たり前のことを徹底することで患者さんに安心してもらい信用につながると考えています。

04 最小限の負担で、最低限の治療を実現!

上記3つの理由が合わさることで初めて実現する治療効果があります。一番大事なことは患者さん第一主義!患者さんが本気で病気と向き合う環境を整えることで回復する可能性が高まります。

05 各分野の国家資格取得の鍼灸師が治療!

当院スタッフは全員、厚生労働大臣の行う鍼灸師国家試験に合格した鍼灸師。治療に使う道具は鍼(はり)とお灸(きゅう)のみ!当院勤務後数年の実務研修を経た後に各専門分野の治療に専念するスペシャリストです。

06 スタッフの元気な明るさだけでも元気になります!

笑う門には福来る!病に苦しんでいる患者さんは気持ちが負けてしまいがち、私たちが元気でいないと患者さんも元気になりません。スタッフ一同、明るく元気な笑顔で対応します。帰る際には元気になる人も少なくありませんよ。

こんな症状は赤信号!一日でも早い治療が必要です!

  • 急に聞こえが悪くなった
  • グルグル、フラフラのめまいが続いている
  • 自分の声が反響する、こもって聞こえる
  • 病院で治療しているが変化がない

突発性難聴とは

突発性難聴とは、特別なきっかけもなく、あるとき突然に片方の耳が聞こえなくなる病気です。
医学が発達した現在でも原因がはっきりせず、これと言った確実な治療法のない難病とされています。

発症するタイミングとしては朝起きたとき、または電話中などに突然聞こえなくなります。また、聞こえなくなる前に耳鳴りが気になる人もいます。
聞こえなくなってからはフラフラやグルグルといった「めまい」や、補充現象と呼ばれる自分の声が反響するような症状や聞き間違いも現れます。

突発性難聴の概念

急性高度難聴の概念は昭和57年に公式に認められたもので、突発性難聴を始めとする急激に発症する難聴をまとめたものである。すなわち、昭和48年に突発性難聴の診断基準ができて、概念が確立するとともに、鑑別疾患として特発性両側性感音難聴が定義され、その中から免疫異常に伴う難聴が更に独立した。一方では外リンパ瘻、ムンプス難聴が比較対象と境界確認の意味で診断基準が作られ、その差と類似点が研究対象となった。最近では低音域の難聴が主要徴候の急性低音障害型感音難聴が独立疾患として取上げられるようになってきている。現在は急性高度難聴の概念はこれらの疾患の総称となっている。

※財団法人 難病医学研究財団/難病情報センターより抜粋

突発性難聴の原因

突発性難聴は、急激に発症する感音性難聴のうち原因不明のものを指します。
一般的に有力とされている説としては、おたふくかぜ(ムンプス難聴)や「はしか」、インフルエンザ等の発病後に高度難聴を引き起こすことからウイルス説が考えられています。
また、もう一つの説として内耳(ないじ)血管の出血や血栓、塞栓(そくせん)、圧変化、内耳リンパ浮腫などによる内耳循環障害説というものもあります。

遺伝性は無いとされていますが、似たような体質や性格を持つ家族が同じ環境で生活することにより家族で突発性難聴を発症することはあります。

突発性難聴の状況

*1987年から2001年までの人数は財団法人 難病医学研究財団/難病情報センター調べより抜粋。
2010年は過去の増加率から計算した予想値です。

2001年の厚生省研究班調査では、2001年時点での日本国内の突発性難聴患者数は35,000人、1987年の調査と比較して約2倍以上の伸びを示しています。
突発性難聴が完全に回復するのは発症者の3分の1程度とされ、発症後4ヶ月で聴力固定、つまり治らなくなるといわれています。

剛鍼灸院グループでは、突発性難聴を発症し3ヶ月以上病院での治療をした後に来院される患者さんが大半を占めます。
もちろん発症から1日でも早く治療すれば完治しやすいのですが、3ヶ月、4ヶ月と経過してからでも回復する可能性が充分にあります。

100%確実に回復するとは申し上げられませんが、たとえ完治しなくとも回復する見込みがあるのなら、鍼灸治療を試してみる意義があると考えています。

突発性難聴になりやすい人

突発性難聴になりやすい人の傾向としては

  • ストレスがたまっている
  • 睡眠不足
  • 妊娠中
  • 出産後
  • 肩こり・頭痛がひどい
  • 夜勤・残業が続いている
  • 風邪を引いた後、入院中・退院後など体力が落ちている時
  • 最近、フラフラとめまいが続いている
  • よく耳鳴りがする
  • 年齢とともに体力が落ちてきた

などがあります。

また、最近の研究結果では、骨粗しょう症の人は、骨に病気がない人と比べて、突発性難聴になるリスクが高いと分かってきました。
骨粗しょう症は骨の構造が弱くなり、骨折しやすくなる病気である。世界中で4千万人以上が既に骨粗しょう症を発症しているか、骨密度が低くなり発症のリスクがあるとされる。突発性難聴は原因不明で突然片耳だけが聞こえなくなる症状である。数日間に何度か起こることもある。突発性難聴になる人のおよそ半数は自然と耳が聞こえるようになるのだが、治療法を早く見つけることが重要である。研究グループは、1999年から2008年に骨粗しょう症と診断された台湾人1万660人の医療記録を調べ、診断を受けていない比較対照の3万1980人と比べた。 その結果、骨粗しょう症と診断を受けていた人は、比較対照の人と比べて、突発性難聴になるリスクが1.76倍と高かった。骨粗しょう症の人は、難聴の症状があればすぐに受診すべきだと研究グループは説明する。

※台湾、奇美医学センター:カイジェン・ティエン氏ら研究グループ
国際誌ジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジー・アンド・メタボリズム誌
2015年4月16日

難聴の症状について

難聴という疾患は難聴単体の症状だけではなく、随伴(ずいはん)症状と呼ばれるそれ以外の症状が同時期に現れることが大半です。
難聴の治療は、この随伴症状も考慮しながら治療を組み立てなければなりません。

以下に、難聴とそれに伴う症状について紹介していきます。

難聴

難聴の症状は耳が聞こえなくなる、または聞き取りにくくなることをいいます。
そして、見方によってさまざまな分類、診断をさ れます。

難聴の分類

分類その1:時期による分類

難聴は発症した病気の種類や発症してからの経過によって、(1)一過性(一時的なもの)、(2)急性期、(3)慢性期の3つに分けられます。

そもそも難聴は聞こえに関係している器官が機能しなくなる病気のため、発症した場合には一日でも早く治療を行うことが完治する上でとても重要になってきます。

分類その2:部位による分類

難聴は、聞こえに関係する器官の障害部位によって分類されます。
分類の仕方としては、蝸牛(かぎゅう)を境界にしてそれより外側の障害を伝音性(でんおんせい)難聴、内側の障害を感音性(かんおんせい)難聴と分類します。

分類その3:音域による分類

人間は低音から高音まで幅広い音域を聞き分けることができますが、主に500Hz以下の低音域が聞こえなくなった状態を低音難聴、それより高い音域が聞こえなくなった状態を高音難聴と分類します。

耳鳴り

難聴を発症したとき、最も対(つい)で現れやすいの症状が耳鳴りです。
耳鳴りは人によって「キーン」という金属音のような高音で聞こえたり、「ジー」というセミの鳴くような音や「ザー」というノイズのような低い音で聞こえたりします。

耳鳴りの症状は難聴を発症する際の初期症状や後遺症としてもしばしば現れます。
治りにくく、一生仲良く付き合って慣れるほか治療の手立てがないと言われる事も多いのですが、鍼灸治療なら回復する可能性が充分にあります。

めまい

難聴の症状でもう一つ忘れてはならないのが「めまい」です。
耳の奥には空気の振動を電気信号に変換して脳に伝える蝸牛(かぎゅう)という器官と平衡感覚を司る三半規管が並んでいるのですが、難聴になると蝸牛やその周辺の圧力が変化するため、同時期に平衡感覚にも支障が出ることがあります。

めまいを訴える患者さんの多くに「フラフラする」といった症状が現れますが、それがひどくなると「グルグル回る」といったような症状を訴えるようになります。
めまいという症状は薬では治りにくいものですが、これも鍼灸治療が得意とする分野です。

難聴患者さんの声を聞いていると、「耳が聞こえないことよりも、めまいを何とかして欲しい!」と訴える方が少なくありません。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは、顔の神経が麻痺することによって顔の表情がたるんでしまったり、ひきつったりすることをいいます。具体的な症状としては、お茶を飲むときに口からお茶がこぼれてしまったり、まぶたが閉じなくなったりします。

難聴を発症する患者さんの中には、この顔面神経麻痺と対(つい)で現れるHunt(ハント)症候群という病気にかかる方もいます。
顔面神経麻痺が現れており、難聴の症状がないものはBell(ベル)麻痺と呼ばれています。
Hunt(ハント)症候群とBell(ベル)麻痺は末梢性顔面神経麻痺と呼ばれ、その70%を占めています。

上記の顔面神経麻痺の原因は、膝神経節と呼ばれている部分でウイルスの再活性が起こるからと定義されています。

このうち、Bell(ベル)麻痺はほとんどがHSV-1:単純ヘルペスウイルスの関与により起こり、そのうち10〜20%はVZV:帯状疱疹ウイルスが原因と言われています。ただ、Bell(ベル)麻痺の場合、帯状疱疹は認められないため、ZSH:無疱疹性帯状疱疹と呼ばれています。
また、Hunt(ハント)症候群はVZV:帯状疱疹ウイルスが原因となります。
※H23顔面神経麻痺のガイドラインより

顔は人目に触れる部分ということもあり気にする患者さんが多いのですが、この麻痺も鍼灸治療が得意とする適応疾患のひとつです。

どんな病気も、早期発見・早期治療が完治への一番の近道です。
少しでも気になる事があれば、ぜひお気軽に健康相談&お問い合わせからお問い合わせください!

突発性難聴類似疾患鑑別表

難聴の有無難聴の種類めまい顔の麻痺
突発性難聴感音性×
メニエール病感音性×
ムンプス難聴感音性×
良性発作性頭位眩暈症××
中耳炎伝音性×
ハント症候群感音性
ベル麻痺×
聴神経腫瘍感音性

感音性難聴

感音性難聴とは、耳にある鼓膜や中耳炎という病名にもなっている中耳(ちゅうじ)と呼ばれる部分よりも内側の障害に起因して聞こえなくなるものをいいます。

音は空気が振動し、耳の穴を通り鼓膜へぶつかってその振動が蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる器官まで伝わります。蝸牛で空気の振動が電気信号に変換され、その電気信号が脳へ伝えられてはじめて音として認識されます。
この音の伝達過程の中で蝸牛より外側が障害され引き起こされる難聴を伝音性難聴、内側が障害され引き起こされた難聴を感音性難聴とそれぞれ呼んでいます。

感音性難聴の症状としては、難聴のほかに蝸牛の障害として補充現象という音が過剰に聞こえてしまう症状や、高音部分の聴力低下に伴う聞き間違いといった症状が出てきます。

一般的に感音性難聴を発症した場合、構造的な問題から伝音性難聴よりも症状は強く、回復しにくい傾向にあります。突発性難聴やメニエール病、ムンプス難聴などがこの難聴に分類されます。

感音性難聴患者の聴力の傾向とその障害部位

感音性難聴は骨導・気導ともに聴力が低下します

蝸牛の内側(ピンク部)に障害が起きています

伝音性難聴患者の聴力の傾向とその障害部位

伝音性難聴は気導だけが聴力低下します

蝸牛の外側(ピンク部)に障害が起きています

低音難聴(急性低音障害型感音難聴)

低音難聴とは、読んで字のごとく低音域にあたる部分が主として聞こえなくなる難聴の症状を指します。

人は20Hz〜20,000Hz程度の音域が聞き分け可能であるとされていますが、低音難聴にかかると、通常聞き取れるはずの音域の中で最も低い500Hz以下の低音域が聞き取れなくなる傾向にあります。

*青で塗りつぶしてある部分が日常会話の聞き取りに重要とされている500Hz以下の低音域です。

低音難聴で聞き取れなくなる音域は、日常会話で使われる人の声の高さに相当することから生活の質(Quality Of Life=QOLと言います)を考える上でとても重要だとされています。

なお、聴力検査では125Hz〜8,000Hzの範囲を測定しますが、聴力検査表の中央より左側の数値が低い場合が低音難聴と診断されます。

会話に重要な音の高さは500Hz〜2,000Hzとされていますが、500Hz以下の音域に聴力低下が起こると声がこもって聞こえたり、全体的に聞き取りにくくなるといった症状が現れます。
また、逆に500Hz以上の音が聞こえなくなると言葉を歯切れよく聴くために重要な「子音成分」が聞き取れなくなるため、聞き間違いを起こしやすくなります。

また、一般的に使用されている低音難聴は、正式には急性低音障害型感音難聴と呼ばれます。
低音部分の聴力が急激かつ著しく低下した感音性難聴という意味です。

急性低音障害型感音難聴は1982年に日本で初めて報告され厚生労働省研究班により診断基準が提唱された比較的新しい疾患概念で、特に日本国内に多くみられる疾患です。
この病気は20代から40代の女性に多く発症し、女性対男性の発症比率は2対1ほどになります。

幸いなことに、低音型の難聴は高音型と比べて回復しやすい傾向にあります。

子供の難聴

子供は身体的に成長段階であり、その構造上の問題から難聴を引き起こしやすい状態にあります。

子供が難聴を発症する原因はさまざまです。しかし、剛鍼灸院グループで難聴の治療をおこなっているお子さんのほとんどが中耳炎による難聴、はしかやムンプス(おたふく)の後に発症した難聴、あるいは原因不明の難聴(突発性難聴)のいずれかです。

学校種類別 疾病被患者率(全国) 単位:%

区分幼稚園小学校中学校高校
難聴...1.10.90.7
耳疾患2.95.53.42.0

文部科学省実施:H21年度学校保健統計調査より抜粋

中耳炎が原因の難聴

子供の耳は成長途中のため大人と比較して小さく、同時に耳管(じかん)と呼ばれる耳と鼻を連絡している通路の傾きが穏やかです。そのため、くしゃみや咳、鼻をかんだとき、あるいは水泳中に鼻水や水が耳に侵入しやすく、中耳炎を発症して難聴の症状が現やすいのです。

ムンプス難聴

最も回復が難しいとされる難聴の一つがムンプス難聴です。
ムンプスとはおたふく風邪(流行性耳下腺炎)の原因となるムンプス・ウイルスのことです。この病気にかかると顔、特に耳の下がおたふくのように腫れ上がり高熱がでます。

特に3〜9歳に発症しやすく、症状の一つとして難聴が現れることがあります。高度難聴、そして子供が聞こえなくなったことに気づかず発見が遅くなることから回復が難しいとされています。
しかし、鍼灸治療では皮膚からの刺激が患部にまで伝わるため、本人の成長を促すとともに回復能力を高めることができるのです。

原因不明の難聴(突発性難聴など)

子供で突発性難聴等と診断される場合は、成長段階において耳に関係する器官の一部が循環障害を起こしたときに発症します。原因不明といわれていますが、大きな要因のひとつとしてストレスがあります。
感受性豊かな子供は引越しや席替えなど環境の変化が精神的なストレスとなり難聴が発症することもあります。また、過剰な運動から内耳の循環障害を起こす場合もあります。

子供の難聴、原因の一つは構造上の問題

子供は成長段階ですが、ただ大人より小さいだけではありません。
少しずつ、大人の体になるために、さまざまな器官が変化していきます。特徴的な器官は耳管と呼ばれる、耳と鼻をつないでいる部分です。耳管の役割は、耳の中の圧を一定に保つこと、そして、過剰な音を鼻に貫くためのもの。
ただでさえ大人の耳管より細く短い部分ですが、同時に大人より耳管の角度が浅いことに原因があります。その影響で、中耳炎になりやすかったりすることで、難聴の原因となっています。

子供の難聴は健康診断などで発見される場合が多く、発症からかなりの時間が経過しているため回復が難しくなることも少なくありません。普段から親御さんが子供の変化を気にかけてください。

子供の難聴治療について

子供は成長段階であり、精神的、肉体的にも感受性が豊かなため、良くも悪くも様々な刺激に対して素直に反応します。
そのため、治療には軽く皮膚のツボに触れるだけの刺さない小児針を使用する治療を行います。

大人と違い鍼を刺さないため刺激が弱すぎると思われるかもしれませんが、子供さんにはこの程度の刺激で十分効果があります。また、その刺激量は年齢や性別、症状の度合いによって微調整します。

子供の難聴治療が難しい理由

子供の難聴治療が難しい理由、それは子供だからです。もともと子供の難聴は、ムンプス難聴など早期発見しても治療が困難なことがおおいものです。このことをふまえなくても子供はしっかりしゃべったり、あるいは相手に自分の症状を伝えることができないから治療、完治がより一層難しくなります。
耳が聞こえなくてもほかの事に夢中になり気がつかない、親に話さない場合、その結果、親御さんが難聴に気がつくのが遅れるからです。
ほとんどの場合、健康診断や中耳炎などの痛みを伴う症状を併発したときに初めて発見するケース。この場合、いつ難聴発症したのか遡って診断することが困難であり、発症から数ヶ月も数年も経過してから治療を開始せざるをえない状況に陥りやすいものです。

そして、子供は聴力検査がしっかりできない。音が聞こえたときにボタンを押すという聴力検査というものに対して正確な情報として結果が伴わない場合がしばしばあります。そのため、新生児では脳波で聴力を調べています。

子供の難聴治療で重要なことは子供の異変に気がつけるかどうかで完治できるかどうか予後が大きく異なってきます。 しかし、親御さんが気がつけなかった場合でも悔やむことはありません。悔やんでいてもしょうがないといったほうがいいでしょうか、お子さんのこれからの将来を考え、今できる治療を確実におこなっていきましょう。

剛鍼灸院においての難聴治療実績例

ステロイド点滴や鼓膜への注射、血流改善薬、利尿剤、高圧酸素療法...
病院でいろんな治療をしたけれど、一向に良くならない!そんな悩みをお持ちではありませんか?

近年、疲労の蓄積や精神的ストレスによる血行障害が突発性難聴の発症に大きく関わっているということが分かってきましたが、西洋医学の分野では有効な治療法が確立されておらず、病院では上記のような治療を試行錯誤しているのが現実です。

一方、東洋医学をベースとする鍼灸治療では主となる耳の症状だけに焦点を絞ってアプローチするのではなく、難聴が発症した原因が「身体のどこにあるのか」を追求します。
そして、その原因を踏まえたうえで(耳以外の部分も含めた)全身の関連器官の血流改善治療を行うため、病院で「治らない」とサジを投げられてしまった患者さんでも、鍼灸治療で聴力が回復することは決して珍しくないのです。

下のグラフは、実際に当院で鍼灸治療を受けて症状が回復した患者さんの回復度合いを示しています。

■患者Aさん 男性(50代)
平成18年8月、右耳に突発性難聴を発症したケースです。

難聴発症後、平成18年8月に聴力検査を実施。その後、平成18年10月から当院での鍼灸治療を開始。
約3ヶ月の治療期間を経て、平成19年1月に再度聴力検査を実施しました。

*右のグラフは、数値(dB:デシベル)が下がる(グラフが上がる)ほど小さい音でも聞きとることができ、聴力回復が顕著であることを示しています。

一般には、突発性難聴を発症して2〜3ヶ月を過ぎると聴力の機能回復がほとんどなくなり、4ヶ月で聴力が固定されると言われています。
症状の進行特性上、難聴発症後は治療を受けるのが早ければ早いほど回復の可能性がグンと高くなります。
もちろん、4ヶ月を超えてからでも回復の可能性はあります。4ヶ月を超えたときこそ鍼灸治療しか回復させる手段はありません。

実際の治療では突発性難聴に至った原因を客観的に追求し、患者さん一人一人に最適な治療を行っていきます。
一般的な鍼灸治療としては耳の周囲にある「耳門(じもん)」、「聴宮(ちょうきゅう)」、「聴会(ちょうえ)」というツボを使用することが多く、また、耳を含めた首から上の血流改善に効果がある「天柱(てんちゅう)」、「完骨(かんこつ)」と言ったツボも頻繁に使われます。
その他、患者さんの状態に合わせて治療方針を決めていきます。

耳の周囲のツボ:耳門、聴宮、聴会

頭部のツボ:天柱、完骨

*患者さんの症状によっては、関連する器官として腰や手、足にあるツボに治療を行うこともあります。

実際の治療実績例

2010年現在での、過去数年の治療実績を年代別にランダムに抽出してご紹介します。

5才未満の女性の患者さん

発症年月日:2009年7月
初診日:2009年9月
治療前検査日:2009年8月
治療中検査日:2009年12月
備考:ムンプス難聴

10才以下の男性の患者さん

発症年月日:2005年頃
初診日:2008年2月
治療前検査日:2008年4月
治療中検査日:2008年8月

10代女性の患者さん

発症年月日:2009年7月
初診日:2009年8月
治療前検査日:2009年8月
治療中検査日:2009年10月
備考:突発性難聴

20代男性の患者さん

発症年月日:2009年7月
初診日:2009年12月
治療前検査日:2009年12月
治療中検査日:2009年12月
備考:メニエール病

20代女性の患者さん

発症年月日:2009年5月
初診日:2009年7月
治療前検査日:2009年7月
治療中検査日:2009年7月
備考:突発性難聴

30代女性の患者さん

発症年月日:2009年4月
初診日:2009年5月
治療前検査日:2009年4月
治療中検査日:2009年5月
備考:突発性難聴

40代男性の患者さん

発症年月日:2007年5月
初診日:2007年9月
治療前検査日:2007年9月
治療中検査日:2007年10月
備考:突発性難聴

50代男性の患者さん

発症年月日:2010年1月
初診日:2010年2月
治療前検査日:2010年2月
治療中検査日:2010年2月
備考:突発性難聴

50代男性の患者さん

発症年月日:2010年1月
初診日:2010年1月
治療前検査日:2010年1月
治療中検査日:2010年2月
備考:突発性難聴

50代女性の患者さん

発症年月日:2009年11月
初診日:2009年11月
治療前検査日:2009年11月
治療中検査日:2010年1月
備考:突発性難聴

TOP