HOME > ブログ > 円形脱毛症・薄毛 > 冬の抜け毛にご用心!女性の抜け毛治療

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る

冬の抜け毛にご用心!女性の抜け毛治療

最近、白髪や抜け毛が気になりませんか?

髪の毛にコシがなくなり縮れてきていませんか?

女性の薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

女性の場合は頭髪全体が均一に薄くなるのが特徴で、びまん性脱毛症とも呼ばれます。

びまん性とは「広範囲に広がっている状態」という意味があり、男性のようにしっかりと抜けるのではなく、全体的に薄くなっていくという状態が多いです。

女性に一番多くみられる薄毛は、ルードウィッグ型で、生え際の後退はなく、頭の天辺から後頭部の範囲がびまん性に薄くなっていくタイプです。

次に多いのはクリスマスツリー型で、生え際から頭頂部の真ん中がクリスマスツリー状に左右枝を広げたように薄くなっていくタイプです。

薄毛に対する鍼灸治療

東洋医学では、髪の毛のことを「血の余り」と呼んでいます。血液に十分な余裕があれば髪の毛まで栄養が行き渡り、髪が健康に育つからです。

食事などで取り込んだ栄養は、生命維持の優先度の高い箇所から行き渡ります。そのため髪の毛など命に影響のない場所は、供給される栄養が手薄になります。その結果、髪の毛の抜け毛や薄毛に繋がります。

比較的若い女性に多い「血虚」タイプ

「血の余り」と呼ばれている髪の毛ですが、逆に血が足りないと薄毛につながります。このことを東洋医学では「血虚」と呼んでいます。現代で言うところの貧血に近いです。

血虚の状態にあると、立ちくらみがしたり、足がつりやすくなったり、目が霞むといった症状があらわれます。

出産後や更年期くらいから多くなる「腎虚」タイプ

東洋医学では、髪は「腎の華」とも呼ばれます。腎とは、腎精すなわち生命力そのものです。生命力とは、親から受け継いだ先天の精と、食事や呼吸で補っている後天の精があります。ということは、遺伝的な先天の薄毛と、疲労、ストレス、不摂生からくる薄毛や、老化からくる後天の薄毛があるということです。これらの薄毛になることを腎が足りない、足りなくなっている腎虚の薄毛と判別しています。分娩後脱毛など女性の薄毛は腎虚タイプが多いです。また、腎虚は血虚より薄毛の症状が重いです。

鍼灸治療は「局所+体質改善」ができる優れた抜け毛治療です

薄毛に対する鍼灸治療は、患者さんの体質(現在の状態)を考慮して、一人ひとりに合わせた治療方針を組み立てます。この治療をおこなうことで、ストレスや不摂生から乱れてしまった自律神経や女性ホルモンのバランスも整い、体質改善しやすく確実に発毛、育毛できる頭皮の環境が整います。

また、薄毛にとって必要なことは、体質改善ですが、頭皮の毛根部に直接治療をおこなうこともあります。髪の成長に重要な毛根部に鍼灸治療で直接アプローチすることで、発毛、育毛のスピードは飛躍的に早くなります。

鍼灸治療のメリットは、東洋医学的な考え方の治療と、現代医療的な考え方の両方をおこなうことができることです。

  • 洗髪時や乾かす時に抜け毛が増えた
  • 髪の毛が細くなってきた
  • 髪が弱り髪型が決まらない
  • 地肌が見えるようになってきた
  • 出産後から抜け毛が目立つ
  • 薬の副作用で毛が抜けてきた
  • 無理なダイエットで抜け毛が始まった

このような抜け毛は、お気軽にご相談ください。


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

M字型薄毛には鍼灸治療が有効です


ご相談が多い薄毛治療

M字、ベジータ、ザビエル

最近ではⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型 ...

と症状の度合いによって区分されます

どんな病気でも言えることですが

まずは体の状態を整えること

気になる患部を集中的に整えることです

そのためには鍼灸治療が効果的です

育毛、発毛剤を使用するにしても

鍼灸治療を併用したほうが効果的ですよ

円形脱毛症を治すには


育児ママ3ヶ月目のお母さん

育児の疲れ、ホルモンバランスの乱れから

頭頂部に円形脱毛ができてしまいました

こんな時は、脱毛部と、ホルモンバランスを整える

ツボに鍼するとすぐ良くなります


適度に息抜きできる環境も整えて欲しいです

育児初めてのお母さんは1人で抱え込まず

周りに相談したり頼ったりして下さい


育児のストレスや肩こり、腰痛、その他体調不良は

お気軽にご相談してください。

鍼灸治療は、薬を使うことなく

安心して体調管理ができる医療です




TOP