HOME > 症状別Q&A > 8ページ目

症状別Q&A 8ページ目

視神経乳頭炎が鍼(はり)で治るんですか? 

個人差はあるものの充分に回復可能です。
基本的には早期治療、安静が必要となります。

どのような症状がでますか?

主な症状として、急激な視力低下や視界が狭くなる視野狭窄(きょうさく)、視野の真ん中に黒く見えない部分が小さく出来たりする中心暗点と言ったものがあげられます。

視神経乳頭炎患者の多くは眼底検査で視神経乳頭の充血および腫れが認められます。
多くのケースは片目だけに症状が見られますが、急速にもう一方の目にも発症し両目を失明することもあります。

鍼灸治療はどんな治療ですか?

鍼灸治療では目だけという観点ではなく、肩や背中あるいは手足にある目に関係するツボに鍼(はり)や灸をして、目はもちろん全身的な血行の改善を行います。

視力改善には目の周囲のツボに治療をしますが、原因が加齢や生活習慣によるこの病気においては目だけ治療していても回復は難しいので、手足や背中などにも治療を行います。



■眼の特効穴:合谷(ごうこく)

「合」は合う、「谷」は山と山の間、山と山が出合うところという意味で名付けられたそうです。
「谷」は、水が大きな流れになる場所なので、合谷は気の流れに関与する重要なツボとされています。

合谷(ごうこく)は、首から上の目や鼻、耳、歯などの痛みに効く「特効のツボ」として知られています。
頭痛、鼻水、脳血管障害、眼疾患、歯熱痛、肩こり、喉の痛みなど、幅広い症状に対して効果があります。

病院での一般的な治療法はどんなものがありますか?

病院での治療においては、まず黄斑変性症は眼底検査といって目薬で瞳孔を開いて、網膜の様子をみてから診断をします。
その後、お薬(飲み薬や点眼薬)やレーザー治療などで視力の維持を行います。

初期にはどんな症状がありますか? またどれくらいで進行しますか?

字が読みづらくなったり、どちらか片目を閉じた時に視野の真ん中に黒いものが見えたり、ゆがんで見えるときには注意が必要です。
黄斑変性症には滲出型(しんしゅつがた)と萎縮型(いしゅくがた)の2種類があります。

滲出型は網膜に薄くてもろい新生血管ができて出血するために進行が早く、急速に視力が落ちて失明することもあります。
萎縮型は黄斑の細胞が老化することで起こるため、進行は比較的ゆっくり進みます。

黄斑変性症はどんな人に多いですか?

黄斑変性症は加齢にともなって起こる病気なので、壮年から高齢の方に多いです。
特に75歳以上の方の30%程度が黄斑変性症になっているといわれています。

男女比を見ると男性の方が3倍かかりやすいと言われていますが、その背景には喫煙も原因の一つとしてあげられているからだと思います。

鍼灸治療はどんなことをするのですか?

肩や首などにコリがあれば鍼(はり)やお灸で血行を良くします。
また目の周りのツボにも鍼をします。



■眼の特効穴:合谷(ごうこく)

「合」は合う、「谷」は山と山の間、山と山が出合うところという意味で名付けられたそうです。
「谷」は、水が大きな流れになる場所なので、合谷は気の流れに関与する重要なツボとされています。

合谷(ごうこく)は、首から上の目や鼻、耳、歯などの痛みに効く「特効のツボ」として知られています。
頭痛、鼻水、脳血管障害、眼疾患、歯熱痛、肩こり、喉の痛みなど、幅広い症状に対して効果があります。

目薬を差しているのですが治りません。

目薬を差していても、まばたきが少なかったり目の血流が悪いと涙が出ず、結局乾きやすい状態になっているため、なかなか良くならないことも多いです。
当院での鍼灸治療はそういった身体の不調を根本から治療していきますし、ドライアイにならないような生活習慣のアドバイスも行っています。

子供でもドライアイになるのですか?

なります。
年齢にもよりますが、最近のお子さんは凝視する習慣(夜更かし、スマートフォン・タブレット・パソコンでのゲームや勉強など)が多いので、小児のドライアイも急増しています。

どうして目が乾くのですか?

原因の一つとしては、涙の量が少なくなっていることが考えられます。
また、涙の量が十分でも目を良く使う人は自然とまばたきが少なくなるため、目の表面の膜が乾きやすい傾向にあります。

<<前のページへ12345678910

TOP