HOME > ブログ > 顔面神経麻痺 > 顔面神経麻痺の後遺症を治療するには

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

顔面神経麻痺の後遺症を治療するには


顔面神経麻痺の症状が重度の場合、
後遺症が残ることがあります。

顔面神経麻痺のガイドラインでは

ENoG値 < 40% では、
神経断裂繊維を含んでいることから迷入再生が起こります。
再生繊維が表情筋に到達し始めるのは3〜4ヶ月、
すでにこの間に迷入再生は進行しているとかんがえられています。


顔面神経麻痺の後遺症には、
 
  1. 病的共同運動
  2. 顔面の拘縮
  3. ケイレン
  4. ワニの涙
  5. アブミ骨筋性耳鳴り
 
などがあり
麻痺発症6ヶ月頃から
自覚症状としてあらわれることが多いです。
 
 
病的共同運動とは、
後遺症の中で最もみられる症状で、
会話や食事中に口の動きと同時に
まぶたがぱちぱちと動いてしまう、
またはその逆に、目を閉じようとしたときに
口元が一緒に動いてしまう現象です。
 
これは、神経再生時に、隣接する
神経線維が誤ってつながれてしまうこと
(迷入再生)により過誤支配が起こるからです。
 
 
一度迷入再生がおこってしまうと
神経をもとに戻すことは不可能です。
 
 
まずは極力過誤支配を起こさせないように
顔面神経麻痺になったら適切な治療をすること
 
そして、後遺症があらわれてしまったら
症状があらわれにくくすることも鍼灸治療では可能です。

 
◆◆当院が参加している関連学会◆◆
 
 

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

ジャスティン・ビーバーが闘病を告白したライム病



ジャスティン・ビーバー、アヴリル・ラヴィーン
が闘病を告白した「ライム病」
 
 
 
人気歌手のジャスティン・ビーバーが、自身のドキュメンタリー番組で苦悩に満ちた闘病生活について明らかにすると各メディアで報じられている。また、本人のSNS投稿により「ライム病」であることを告白し、病状を説明しています。
 
同じ病気をアヴリル・ラヴィーンも数年間闘病生活を送っています。
 
ライム病は、野鼠や小鳥などを保菌動物とし、野生のダニによって媒介される人獣共通の細菌(スピロヘータ)による感染症です。
19世紀後半より欧州で報告されていた、マダニ刺咬後に見られる原因不明の神経症状で、1970年代以降、アメリカ北東部を中心に流行が続いている、マダニ刺咬後に見られる関節炎、および遊走性皮膚紅斑、良性リンパ球腫、慢性萎縮性肢端皮膚炎、髄膜炎、心筋炎などが、現在ではライム病の一症状であることが明らかになっています。
 
 
 
日本では、北海道を中心に観戦が報告されている病気です。一般家庭内のダニで感染することはありません。
 
 
 
 
感染初期(stage I)
マダニ刺咬部を中心とする限局性の特徴的な遊走性紅斑を呈することが多い。
随伴症状として、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などのインフルエンザ様症状を伴うこともある。
紅斑の出現期間は数日から数週間といわれ、形状は環状紅斑または均一性紅斑がほとんどである。
 
播種期(stage II )
体内循環を介して病原体が全身性に拡散する。
これにともない、皮膚症状、神経症状、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など多彩な症状が見られる。
 
感染後期(stage III)
感染から数カ月ないし数年を要する。播種期の症状に加えて、重度の皮膚症状、関節炎などを示すといわれる。
日本では、感染後期に移行したとみられる症例は現在のところ報告されていません。
 
 
ライム病は
マダニに噛まれることで感染する原因不明の神経症状
インフルエンザ様症状を伴うこともある
顔面神経麻痺があらわれることがある
 
 
ライム病を当院で気にかけているところは
神経症状としての顔面神経麻痺です
 
ライム病は
末梢性感染性(細菌性)顔面神経麻痺
に該当します
 
医療機関では、ライム病に関する諸症状に対して
治療をおこなってくれますが
顔面神経麻痺に対しては最後まで治療できません
 
顔面神経麻痺の治療が可能なのは
専門の鍼灸治療とリハビリです
 
当院では
顔面神経麻痺リハビリテーション技術講習会
に参加し、正しい知識と技術を
治療の現場で反映しています
 
ライム病でもライム病でないにしても
顔面神経麻痺に関してご相談ください
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
剛鍼灸院グループ
豊川市萩山町1-5
Tel:0533-84-5963
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

顔面神経麻痺の治療



顔面神経麻痺は
 
・抗ウイルス薬
・ステロイド
・星状神経節ブロック
・ボツリヌス毒素
・減荷術
 
では治りません。
 
 
当院でおこなう、顔面神経麻痺に対する鍼灸治療は、発病してすぐの急性期から、数か月〜数年経過した状態でも治療対応可能です。
 
当院の専門的な治療は、最新の顔面神経麻痺ガイドラインに沿って行うため、損傷した表情筋、顔面神経に対して、髪の毛より細い使い捨ての鍼で優しく、より効果的に治療することができます。
 
麻痺に対する局所的な治療では、様々な検査結果を基準にしておこないますが、現在使用している、40点法やSunnybrook法の評価では細かく診断できません。そのため、当院では、患者さんが普段の生活で症状が気になる時の状態を聞き、治療前毎に確認しながらさらに細かく評価し、治療部位を変えながらおこなうこともあります。
また、禁忌となっている、迷入再生を促進させてしまう強力で粗大な随意運動や神経筋電気刺激(低周波療法)を顔面部におこないません。
 
子供も妊婦さんも年配の方でも安心して受けられる治療ですよ。

 

帯状疱疹と顔面神経麻痺

季節の変わり目で

意外と多いのが
「顔面神経麻痺」
という病気です

顔面神経とは名前の通り
「顔を動かす神経」です

そしてこの神経が
何らかの原因で傷つけられ

「顔が動かなくなる」

例えば

・眉毛が下がる
・目が閉じない
・口が閉じない
・口元が垂れる
・涙が出る
・麺をすすれない
・お茶を飲んでも口元からこぼれる

いわゆる麻痺の状態になるのが



『顔面神経麻痺」です



一般的に一番多いのは
片方の顔の表情や動きが作れなくなり
その原因となるのが
「ヘルペスウイルス」といわれています

ヘルペスとは
口元にできる痛いプツプツのもの
体の抵抗力が低下したとき
寝不足や不摂生が原因で

ウイスルが再増殖する性質があります

よくいう「口唇ヘルペス」です

その他に帯状疱疹で知られている

「帯状疱疹ウイルス」

これは年配の方にできやすく
脇腹などによくあらわれます

↑腰の帯状疱疹5日目

しかし極端な体力の消耗等で
20代でもあらわれることがあり

脇腹ではなく
耳の周りや顔に現れるときに
顔面神経に関係してきます

帯状疱疹はもともと
「水疱瘡」のウイスルで


ほとんどの方が経験しています

ただ

帯状疱疹として症状が現れるときは
強力なウイスルのため

顔面神経に関係したとき
顔面神経の構造上
深刻なダメージになることもあります

一番最悪になるケースは
特徴となる帯状疱疹の水疱が
あらわれない時

顔面神経麻痺があらわれたときに
軽い麻痺と勘違いして
顔の表情も耳の聞こえも
重症化して治らなくなることです

患者さんご自身が
顔の異変に気がついた時

あまりにも症状がひどいときは
水疱がなくても
帯状疱疹を疑って

1時間でも早く

ウイルスを抑える薬を使いながら
顔の麻痺や難聴
の治療をしなければなりません

ただし

この治療は

一番はじめから
専門の鍼灸治療が必要となります


写真は顔面神経麻痺に関係する
「ツボ」に鍼をしているところです

写真を見る限りでは
最近流行りの「美容鍼」
に見えてしまうかもしれませんが
全く違うもので
美容感覚の治療をしても治らないですし
逆にこわばってしまうこともあります

顔面神経麻痺の治療で
絶対に禁止されているものは
顔に対して
低周波の電気や電気鍼をすること

となっています


顔の動きに違和感を感じたときは
急いでご相談ください



やるべき治療
・病院で抗ウイルス薬をつかう

・専門の鍼灸院で治療する

・しっかりと休養をとる



禁止されてる治療
(治らない+違う後遺症が出る)
・顔に対して電気治療をする

・顔に電気鍼をする

・一生懸命動かすリハビリをする



◆◆当院が参加している関連学会◆◆

日本顔面神経学会
日本耳鼻咽喉科学会
日本小児耳鼻咽喉科学会


TOP