HOME > ブログ > 4ページ目

ブログ 4ページ目

脊柱菅狭窄症やヘルニアの手術後の後遺症を治すには


なかなか治らない、つらい腰痛や足のしびれでお悩みですか?
 
・病院でヘルニアと診断され、治療しているけどなかなか治らない。
・レントゲンで骨には異常がないと言われ湿布を出されたが痛みがひかない。
・手術のあとに痛みやしびれが残ってつらい。
・接骨院に行っても腰に電気をあてるだけ。
 
腰痛の原因が不明でも、それは、現在の西洋医学では検査で見つからないだけ。
腰痛は、手術適応以外は鍼灸治療が最も改善されやすい治療法です。

また、手術といわれた状態、手術後の後遺症でも、鍼灸治療で症状が改善していきます。
 
ご相談だけでも構いません。今の腰痛の状態を自分で把握し、これからどのように治療していけばいいのか整理しましょう。
 

赤ちゃんの夜泣き対策


年末年始、赤ちゃんは違う環境やで慣れない人と会うだけで夜泣きを起こしてしまいます。
 
急な夜泣きでお困りではありませんか?
 
子供さんが小さいうちは、大人のように「夜だから寝る」というリズムが整っていません。そこで、小児はりで睡眠リズムを司っている自律神経の働きを整えることで、夜まとまった睡眠をとれるようになります。
 
また、夜泣きをしてしまった場合は、抱っこをしながら背中を上から下にゆっくりとさすってあげると、子供は安心し、眠りやすい状態になります。
また、寝る前は興奮させないことや、部屋を暗くするなど、赤ちゃんが寝やすい環境を作ってあげることもとても大切です。
 
 
夜泣きの治療で使用する小児鍼は、皮ふをつついたりこすったりする軽く皮ふに刺激をする刺さない鍼を使用するだけで十分な効果が現れます。
 
小児鍼をしている時は、くすぐったくて笑っているお子さんばかり。治療中や治療後の帰路で寝てしまう子もいるくらいです。

年末年始の慌ただしい時期
小児鍼で赤ちゃんの健康を管理しましょう。


 
 

顔面神経麻痺の治療



顔面神経麻痺は
 
・抗ウイルス薬
・ステロイド
・星状神経節ブロック
・ボツリヌス毒素
・減荷術
 
では治りません。
 
 
当院でおこなう、顔面神経麻痺に対する鍼灸治療は、発病してすぐの急性期から、数か月〜数年経過した状態でも治療対応可能です。
 
当院の専門的な治療は、最新の顔面神経麻痺ガイドラインに沿って行うため、損傷した表情筋、顔面神経に対して、髪の毛より細い使い捨ての鍼で優しく、より効果的に治療することができます。
 
麻痺に対する局所的な治療では、様々な検査結果を基準にしておこないますが、現在使用している、40点法やSunnybrook法の評価では細かく診断できません。そのため、当院では、患者さんが普段の生活で症状が気になる時の状態を聞き、治療前毎に確認しながらさらに細かく評価し、治療部位を変えながらおこなうこともあります。
また、禁忌となっている、迷入再生を促進させてしまう強力で粗大な随意運動や神経筋電気刺激(低周波療法)を顔面部におこないません。
 
子供も妊婦さんも年配の方でも安心して受けられる治療ですよ。

 

逆子が治らない原因


逆子が治らない原因として

冷え性や緊張感からお腹の張りが強い
・一人目の赤ちゃんで子宮が硬い
・子宮の奇形(双角双頚子宮、双角単頚子宮、単角子宮など)
・子宮筋腫
・卵巣嚢腫
・前置胎盤や低置胎盤
・羊水の量が異常に多かったり少なかったりする羊水過多・過少
・水頭症
・多胎妊娠(双子や三つ子)
・臍帯が赤ちゃんに巻いている

などがあげられます。


殆どの場合

冷え性や緊張感からお腹の張りが強い
・一人目の赤ちゃんで子宮が硬い

となりますが

それでも逆子体操ではほとんど治りません。

赤ちゃんにとって居心地のいい
あたたかく、やわらかいお腹にしてあげることが必要です。

そのためには鍼灸治療が効果的ですよ

ただ、逆子を専門におこなってきた鍼灸院ではないといけません

人の体は日々変化します。

朝と夜でも変わってきます。

今の状態に必要な鍼の刺激をおこなわないといけません。

教科書どおりの治療では治りません。

逆子の治療は専門の鍼灸院にご相談ください。


 

M字型薄毛には鍼灸治療が有効です


ご相談が多い薄毛治療

M字、ベジータ、ザビエル

最近ではⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型 ...

と症状の度合いによって区分されます

どんな病気でも言えることですが

まずは体の状態を整えること

気になる患部を集中的に整えることです

そのためには鍼灸治療が効果的です

育毛、発毛剤を使用するにしても

鍼灸治療を併用したほうが効果的ですよ

お灸をすえる

 
お灸をすえる
 
★相手の非に対して厳しく怒ること
大目玉を食らわす ・ 雷を落とす ・ こっぴどく叱る
 
★悪いことをした人間に罰を与えること
罰を与える ・ お仕置きする ・ ヤキを入れる ・ 制裁する
 
★子どもなどを激しい口調で諭すこと
ガミガミ言う ・ 説教する ・ 小うるさく言う ・ 厳しい意見を言う
 
 
「お灸をすえる」とは、からだのツボにお灸を置き火をつけ高温で刺激し治療を行うことが転じて、きつく懲らしめ、戒めることを意味する表現として使用されています。
 
 
この表現はあながち間違いではなく、いい意味で使用されます。
治療の現場では、病気は生活習慣の乱れから体の不調があらわれ、不調を改善させるため、効果のある適切なツボにお灸をすえなければならないと考えています。
 
 
病気は食事、ストレス、過密労働、睡眠不足など生活習慣の乱れから起こります。
生活習慣を改善させることがイチバンの治療法ですが、現実的に無理なことが多いため、まずは治療としてお灸をすえるという治療法をおこないます。
 
治療していく中で、少しずつでも生活習慣が改善できれば、早く治りますし、再発も防ぐことができます。
 
 
お灸とは、熱刺激です。熱刺激を加えることで身体が反応し、症状が変化、改善していきます。
 
体は治るようにできています。
このことを自然治癒力と呼んでいますが、お灸を含む鍼灸治療とは、働きの悪くなった、自然治癒力を呼び覚ますきっかけとなる治療法です。
 
薬のように副作用もなく、都合のいい方向に体の機能が動き始めてくれます。
 
 
体調の優れない時、症状がつらい時、鍼灸治療を試してみましょう。
 
 
 

頭痛・偏頭痛には薬ではなく鍼灸治療が効果的です


頭痛はデスクワークや、携帯電話、スマートフォンの使い過ぎなど疲労で、眼精疲労と首から背中全体の緊張による血行障害、自律神経の乱れが原因となります。

少しでも違和感を覚えたら、頭痛薬や湿布に頼らず、鍼灸治療をして症状を改善させましょう。

症状を放置しておくと、不眠症やうつ病などに発展するケースが多い傾向にあります。
 
日本頭痛学会では、片頭痛に対して鍼灸治療の推奨度をAに位置づけています。

鍼灸治療は、頭痛に対して有効な治療法だと証明されているんです。

円形脱毛症を治すには


育児ママ3ヶ月目のお母さん

育児の疲れ、ホルモンバランスの乱れから

頭頂部に円形脱毛ができてしまいました

こんな時は、脱毛部と、ホルモンバランスを整える

ツボに鍼するとすぐ良くなります


適度に息抜きできる環境も整えて欲しいです

育児初めてのお母さんは1人で抱え込まず

周りに相談したり頼ったりして下さい


育児のストレスや肩こり、腰痛、その他体調不良は

お気軽にご相談してください。

鍼灸治療は、薬を使うことなく

安心して体調管理ができる医療です




逆子体操は治らない?正しい逆子の治し方とは


逆子の診断をされた時
逆子体操や張り止めの薬を出されるのが一般的です

しかし、妊娠30週を過ぎるとそれでは逆子が治ることはありません
お腹の張りがあるうちに逆子体操をしてしまうと
かえってお腹の張りも強くなってしまいますので注意が必要です
 
逆子治療は

主にお母さんの足首にあるお腹を柔らかくする
「三陰交(さんいんこう)」というツボや

足先にあり、お灸をすると赤ちゃんが動く
「至陰(しいん)」というツボを使います
 
お腹を触って赤ちゃんの頭や足など
位置を確認することはありますが
赤ちゃんに直接鍼をすることはありませんので
ご安心ください


逆子になったら専門の鍼灸治療

これだけ覚えておいてください

繰り返すつらいめまいはどうしたら良くなるの?



突発性難聴やメニエール病などのめまい、難聴にお悩みですか?
 
めまい、難聴に苦しむ患者さんは子供から大人まで幅広く存在します。
 
そして、原因不明のめまいはめまい全体の20~25%、近年ではPPPDという原因不明めまいの診断基準が定まってきました。
 
治療には、患者さん一人ひとりと向き合い、二人三脚でそれぞれの原因を追究していかなければなりません。めまい、難聴には鍼灸治療が最も効果的です。
 
◆治療の特徴◆
 
★ステロイドや高酸素など副作用が無い治療!
★患者さんが納得するまで、丁寧にご説明!
★安全・安心・信用を徹底した高水準の治療!
★最小限の負担で、最低限の治療を実現!
★各分野の国家資格取得の鍼灸師が治療!
 
東洋医学をベースとする鍼灸治療では主となる耳の症状だけに焦点を絞ってアプローチするのではなく、めまい・難聴が発症した原因が「身体のどこにあるのか」を追求します。
そして、その原因を踏まえたうえで(耳以外の部分も含めた)全身の関連器官の血流改善治療を行うため、病院で「治らない」とサジを投げられてしまった患者さんでも、鍼灸治療で回復しやすくなります。
 
メニエール病
突発性難聴
PPPD
 
などめまいにお悩みの方はご相談ください
 
 

<<前のページへ123456

アーカイブ

TOP